その6


それぞれの良さがあるのにね〜〜

でも、それぞれの良さの価値を一辺倒に変えてお金にしようとするのが、

都会の金システム。

いい悪い、イケてるイケてない、 勝ち組、負け組に分けて勝者を一辺倒に決めようとする、

そしてあぶれることの不安を焚き付けて『売る』に変換する。

一本千円の薔薇の花が他の花より優れてるわけじゃない、道端のぺんぺん草でも、 よく見れば奇跡的な美しさ、味わいがちゃんとある。

『それぞれに美しさがある』 千利休は切腹するまで、そのことを天下の豊臣秀吉に申し上げ続けたそうな、、

ね。

おしまい


THE CRAZY SCISSORS OFFICIAL SITE

© 2017-  Crazy Scissors Allrights Resarved 

  • Taichi sideburn